営業本部|人を知る|採用サイト|MOMI&TOY'S(モミアンドトイズ)

高木 孝太郎

PROFILEプロフィール

入社年
2012年4月
出身校
東京大学
出身地
神奈川県
趣味
スポーツ、読書、映画鑑賞
好きな言葉
欲するならまず与えよ

WORKING STYLEワーキングスタイル

ワーキングスタイル
出社
ワーキングスタイル
メンバーのタスク進捗確認
ワーキングスタイル
各部署への依頼事項 進捗確認
ワーキングスタイル
食材メーカーとの商談
ワーキングスタイル
調理機器や消耗品を扱う販売商社と商談
ワーキングスタイル
商品開発担当者との打ち合わせ
ワーキングスタイル
昼休憩
ワーキングスタイル
物流業者との打ち合わせ
ワーキングスタイル
オーナー様のお問い合わせ対応
ワーキングスタイル
新メニューに関しての資料作成
ワーキングスタイル
オーナー様のお問い合わせ対応
ワーキングスタイル
会議用資料作成
ワーキングスタイル
タスク確認
ワーキングスタイル
退社
入社の決め手は、「ビジョン」に共鳴できたこと。

入社の決め手は、「ビジョン」に共鳴できたこと。

まずは飲食・サービス業を志した経緯を教えてください。

学生時代、友人たちとチャリティー活動に参加していたんです。例えば、クリスマスにサンタに扮して子どもたちに喜んでもらうような、そういうイベント活動ですね。その時の経験がきっかけで、仕事にするのならば人が笑顔になれるような社会にポジティブな価値観やいい影響を与えられて、そしてその結果、自分自身も笑顔がもらえるようなビジネスがいいと考えるようになりました。その一つが、飲食・サービス業だったんです。

数ある企業の中で、モミアンドトイに入社決め手は何だったのでしょう?

ひとつは当社のスローガンになっている「宇宙征服」ですね。合同説明会で耳にしたときには、「何を言ってるんだ?」と、ちょっと引いてしまったんですが(笑)。社長の川上の話を聞くと、単に業界トップを目指すのではなく世界に影響を与えられるブランドをつくっていこう、時代を超えるような企業にしようという話を聞いて。その目指す方向性やスケール感が、私の考えていたビジョンと一致したんですよね。

企業としてのビジョンに共感したのですね。

はい。それに若くて未完成の企業だからこそ、自分も会社づくりにインパクトを与えられるのではないか、仕組みづくりに参加できるのではないかと感じたのもポイントでした。ただ、接客業はまったくの未経験でしたし、はじめはスタッフと人間関係を築くことにも苦労して。新人時代は本当に目の前のことで精いっぱい。仕事に慣れるまではビジョンどころではなかったです(笑)。

現場での“気づき”が自分を育ててくれた。

現場での“気づき”が自分を育ててくれた。

新人時代は躓きから始まったんですね。

今思い返せば私自身、相当頭でっかちだったと思うんですよ。業務にも慣れていない私が、経験豊富なアルバイトスタッフの方々にアレコレ言う。おまけに、何気ない会話でも難しい熟語とかを使いがちでしたし。相手にとっては「何を言ってるの?」となっていたと思います。そこで反省しまして(笑)。スタッフの方々の目線に立ってコミュニケーションを取るようにして、ダメな部分があればちゃんと頭を下げて。業務レベルも、スタッフとの距離感も少しずつ改善していった感じですね。

店舗運営の現場で得たものはありましたか?

もちろん、数えきれないほどあります。それに店長やエリアマネージャーを経験する中で、「あの作業はムダだな」とか「もっと効率化できるな」という発見もありましたし、実際に改善していく経験もできました。何より人と人とのつながりや信頼関係を重視するようになりました。後輩たちの成長を後押しするために、どんな教育環境が必要なのか?彼や彼女の人生にプラスになるような経験はどうしたら積ませてあげられるのか?といったことを考えるようになったのも、現場での経験があればこそだと思います。

役職を超えて、会社の仕組みづくりにも参加。

役職を超えて、会社の仕組みづくりにも参加。

現場での経験がその後のキャリアアップに繋がるんですね。

常々感じているんですが、当社は本人のサイズよりも少し大きい服を着せるのが得意なんですよね。ちょっと背伸びが必要なポストに挑戦させて、成長を促すのが上手い。実際、エリアマネージャー時代も、社長と直接話しあってグランドメニューの改定を提案したり、社員研修のプログラム開発を任されたり。責任も影響力も大きい仕事に参加させてもらう機会も少なくありませんでしたから。

元々の仕組みやルールを変える作業は大変だったのでは?

若い会社ですが、それでも過去の慣習から生まれた余計な作業や、逆に必要だけど行われていないものというのがあったので。日頃の業務でも、「このフローは変えた方がいいな」と不満を持ったら、自分で判断して変更したり取りやめたりしていたんです。大きなプロジェクトでは、そうした現場目線の発見や改善点を「モミアンドトイが目指すべき理想像」を踏まえたうえで積極的に発信するようにしていましたね。

そうした意見は出しやすい環境なのでしょうか?

当社の社長は、社員との距離が近く意見をどんどん吸収してくれます。加えて、「それはいい」と思ったものは社員に権限を与えてスピーディに形にする人でもあります。それに、まだまだ専門部署なども整っていない発展途上の会社だからこそ、私のような社歴の浅い人間にも大役を担っていい経験を積むチャンスがあふれているんです。

何より主体性が評価につながる会社

何より主体性が評価につながる会社

現在はFCSV課の課長を任されているそうですね。

はい。モミアンドトイが国内外で発展していくためにはFC店との協業が必要不可欠です。そこでパートナー企業をサポートする専門部隊として設立されたのがFCSV課です。部署立ち上げの中心的役割を任せてもらえたので、「FCSVの心得」といった定義づけも自分たちで行えましたし、FC店のフォローや相談対応のノウハウなども一から構築している最中です。

それはかなりの大役ですね。

細かな指示があるわけではないので、自分で課題を考え、仲間と一緒に努力して実現していくのがミッションです。もちろんプレッシャーも感じますが、それでもやりがいの方が大きいですよ。いい意味で“わがまま力”を発揮できるというか、「こうすべきだ」と思ったことを積極的に実践させてもらえる会社はそう多くはないと思いますから。

最後にこれから入社される方へメッセージをお願いします。

モミアンドトイは、現時点でのスキルや経験以上に、仕事やキャリアに対する主体性を「素晴らしい!」と認めてもらえる会社です。ですから、前のめりに一歩踏み込んで仕事に取り組んでいきたい方にはピッタリの舞台になると思います。それに、変化の続く会社でもあるので、一つの考えに縛られない柔軟さも評価につながるはず。凝り固まった環境では物足りない方は、ぜひ当社に参加してほしいですね。

CAREER GRAPH人生グラフ

  • 2002.02
    中高一貫の私立学校(男子校)に入学が決まる。大人の諸事情により、自分の思い通りにならなかった部分もあり、プチ挫折を味わう。

  • 2002.04
    同じ学校に在籍している兄を意識しながらの素敵な男子校生活をスタート。

  • 2005~2008.03
    高校の文化祭にて、イベント企画・運営の楽しみを覚える。高校2年生時にはミスコンで優勝。
    スカートをはいた際の開放感は今でも忘れられていない。

  • 2008.04
    結局やりたいことは見つからないまま、先延ばしをするために大学へ入学

  • 2009.12
    サークル活動(バスケットボール)ばかりに明け暮れ、やりたいことなど見つかるはずもなかったが、中高時代の友人に誘われチャリティー活動に参加。運営陣の生き方に魅かれ、深く関わるように。

  • 2011.02~2011.03
    サークル、イベント運営、チャリティー活動は継続。
    支援先のバングラデシュに行き、「俺たちはみんな幸せだ」といわれ衝撃を受ける。
    帰国後、現在の会社の社長に出会い、「宇宙征服」のキーワードに若干ひいたものの、一緒にブランドを作っていきたいと入社を決意。

  • 2012春
    入社後の研修でさっそく挫けそうになりながら店長となり、現場の既存スタッフともめて、さらに挫けそうになる。

  • 2012秋~2014夏
    エリアマネージャーに就任。マネジメントの奥深さに翻弄されつつ、メニュー改定も含めた幅広い業務に携わる。
    (途中、社内のスタッフともめて、やめそうになりながらも)ビジネスモデルを意識し、より俯瞰的な視点をもって業務にあたるようになる。

  • 2014秋~
    物流関連の業務やSVの業務に携わるようになり、社外とのやり取りが急増。
    対企業様の業務において重要なことを新たに学びながら、日々邁進中。

休日の過ごし方

PRIVATE休日の過ごし方

シェアハウスに住んでいて、住人がみな平日出ずっぱりなため、午前中は洗濯や掃除などの家事をまとめてやることが多いです。
住人たちと録りためた番組をみたり、夜どこかへでかけることもありますが、基本的には各々自立していて、友人との交流や趣味の時間に午後の時間を使うことが多いです。